PLUSSOの助言は上手く利用する

株は知識より精神力の方が大きく影響することも多い

株の短期取引の成功には、精神力がおおきく関係する部分があります。
上がると予想して買いをしかけた銘柄が、予想に反して下がっていった場合どんな対処をとるかは人によって異なります。

予想が外れた時だけではなく買ったものが上昇していった場合でも、下がってしまったら勿体ないとわずかの利益で手じまいする人、上がってから反転して下がってきたところで慌てて処分する人、その後の大きな上昇を手にする人と、取組み方は本当に様々です。

精神力を鍛えてる女性単なる偶然によって、そのやり方が当たったり外れたりするのではないことは、結果を見れば明らかです。
つまり、いつも大きな利益を獲得している人と、それができない人との違いはやはり精神力といえるでしょう。
もちろん、知識や技術が基本はあってしかるべきではありますが、同じ知識や技術を持っている人でも精神力(マインド)でその結果は大きく分かれるのです。

では、一体どのようにして精神力を鍛えればいいのかといううことになると簡単ではありません。
実は、株においてこれが一番難しいのです。
『トレードの成功が自信を作り、トレードの失敗が恐怖心を生む』とでも言うべきか、最初から苦労することもなくトレードで成功できるひとは、ますます自信がついて好結果を生みます。

その反対に、トレードの失敗が続いて恐怖心を抱えてしまっている人は、そのまま悪循環に陥る恐れがあります。
デイトレなどの短期売買に適した精神力を養成するのに、成功トレードに勝る条件はありません。
きちんとした正しい売買の方法を身に付けて、スタートから成功トレードが続けられれば、あとはその波にのって資金が増やしていくことが可能でしょう。

もし、上手くいかず失敗ばかりして悪循環に陥りそうだったら、その状況から脱出するためには「療養」することが一番の薬です
。調子が悪いと感じたら無暗に取り組みを続けるのではなく、一度模擬売買に戻って冷静に値動きを見ることも大切でしょう。
模擬売買をしなくとも値動きを見るだけでもいいと思います。

『岡目八目』という言葉があります。
第三者として物事を眺めると、当事者にはわからないいろいろなことを見えてくるという言葉ですが、きっと「あの時はこんな失敗をしたんだ」「いつもはこんなことをしているが、これがいけないんだ」というようなことがたくさん見つかるものです。

そうした行程を挟み、自信をつけてから再度相場に復帰したほうが良い波が作れます。
どんなに優れたスポーツ選手でも、けがをすれば治療して再び活躍することができます。
株でも、療養が必要な時は療養に専念し相場から一旦離れることも大事な方法の一つといえます。

・株の損失を解消する方法