PLUSSOの悪い噂

株式会社PLUSSO(プラッソ)の批判・悪評はなぜ多いのか?

<p>レビューについて</p>本質的には同業他社によるネガキャンが存在していることが考えられます。
評価に賛否両論はあって当然ですが、PLUSSOの場合、あまりにも悪評が多すぎるため業者の手が加わっていると言わざる得ません。
プラッソの批評が激しい媒体では、その他の投資顧問会社も厳しく批判されており、悪い口コミが列挙されています。

そうしたなかで“優良”や“おすすめ”といった形で紹介されている投資顧問会社があるのですが、それが金商無しの違法業者であったり、開始してから歴の浅い投資顧問会社であったりと逆に怪しい会社ばかりです。
実際にそれらの投資顧問を調べてみると、他の媒体では酷評されているのですから、何が真実なのわけがわからなくなります。

こうした無秩序な状況を見ていると投資顧問業界というのは非常に闇の深い業界のようにも感じてきます。
ここ数年で同業会に参入してきた会社が急増したように感じますが、それゆえ、このような顧客獲得競争が繰り広げられているのではないでしょうか。
顧客欲しさに手段を選ばず“なんでもあり”の業者が増えたということです。

そのように“なんでもあり”の手法で広告行為をしている媒体は、もれらく海外サーバーを利用していたりします。
海外サーバーを利用することで身元がめくれないようにしているわけです。
開示請求も届きませんから、どんな捏造情報を発信してもお構いなしでしょう。
しかるべき機関が動けば突き止められるでしょうが、よほどの事件性がない限りは難しいでしょう。

このように、ネットというツールは便利である反面、悪用されると非常にややこしいという一面を持っています。
近年では投資顧問業者も主戦上をネット上に移してきており、ネットに特化したサービスを提供している会社も少なくありません。
ネットは現代において必要不可欠なツールとなっていますが、そこにある情報を鵜呑みにするのはリスクがあります。

見たものをそのまま信じるのではなく、情報を精査するという作業を意識してみることが大事です。
プラッソに対する悪い評価や口コミが全てデタラメだと言ってるのではありません、株式会社PLUSSOのオーガニックな悪評は事実存在しているでしょう。
しかし、大半が他業者が仕掛けているネガキャンである可能性は濃厚なのではないでしょうか。

本当にプラッソが実力のない投資顧問会社なのであれば、顧客の支持も得られませんし需要のないサービスであれば淘汰され、とっくに撤退していたのではないでしょうか。
こうした、なんでもありの手法で顧客を狙いにいく業者の犠牲になっているのはプラッソだけではありません。
ネット上の噂に惑わされることなく、真実を見極められるリテラシーを高めることも消費者側のつとめなのかもしれません。